浦和レッズは完敗を喫してしまいました。

たとえ内容が悪くてもセットプレーから得点できれば良かったのですが、
11回のCKも残念ながら得点に結びつかず……。

大分の金崎は運動量が豊富で、プレーに躍動感がありました。
ホベルトの献身的な守備も光っていましたね。

今後も厳しい試合が続きます。
明日はゆっくり体を休めて、木曜日の試合に備えましょう。

7月
17日(木)東京V 埼スタ
21日(月・祝)川崎 埼スタ
27日(日)鹿島 カシマ

8月
9日(土)柏 埼スタ
16日(土)FC東京 味スタ
23日(土)磐田 埼スタ
27日(水)東京V 国立

浦和レッズマガジン8月号は全国の書店で好評発売中です。

巻頭特集は「浦和の誇りを取り戻せ」と題し、
「浦和論究◎新たなスタイルの模索は迷走していないか」
「浦和レッズ喜怒哀楽◎監督は闘わない選手を使わなければいい」
など現在のレッズをひも解く注目記事が満載です。

2008年8月号
B001BS4PNS

  • Comments(0)
  • Trackbacks(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加